NPO法人 キャリアネットワーク北陸

北陸で働くミドル・シニア世代のネクストステージを応援する「学び」と「人」のネットワーク

タイトル画像_活動報告

HOME活動報告 ≫ 10/5 キャリネット学苑 第Ⅰ期講座(第1回) 実施報告 ≫

10/5 キャリネット学苑 第Ⅰ期講座(第1回) 実施報告

学苑チラシ_Ⅰ期

10月5日、キャリネット学苑 第Ⅰ期講座がスタートいたしました。

講座テーマは「ネクストステージのコミュニケーション技術」。
仕事はもちろん、家族や友人と良い関係を維持し続けるためにもコミュニケーションが重要であることは言うまでもありません。
第Ⅰ期は、3回シリーズで、なんとなくわかっているつもりでいるコミュニケーションについて客観的に学び直し、「ネクストステージ」への可能性を拡げることが目的です。

講師は、多くの企業・自治体・教育施設等で接遇やコミュニケーション等の研修指導で多くの実績がある事務所経田 経田博子氏にご担当いただきました。経田氏は当NPOの理事でもあります。


72178716_442177953324251_5963755007542034432_n

第1回目は、サブテーマ「ヒューマンエラーを理解する(聴く力・話す力)」で講義が進められ、下記を学びました。

1)人間の特性として避けられないヒューマンエラーについて具体的な原因と結果を認識したうえで、だからこそ理解し、協力し合う関係づくりが必要であること、そのためにはコミュニケーションを意識することが大切であること。

2)「話す」基本として、相手に届く声・発声・発音など声の魅力を高めること、ちゃんと伝えるためには情報(内容)を伝えるだけではなく、気持ちを届ける姿勢が大切であること。
アナウンサーとしてもご活躍された経田講師が、声の表情を多様に変化させる技に感心しながら、自分たちも実際に声の表情を意識して実践してみました。

3)「訊く(ask)」前に「聴く(listen)」ことを意識すること、このときに心を真っ白にして、空のコップを差し出しすように、相手の心を受け止めて聴くことが大切であること。
二人一組になって「話す」「聴く」ワークを行いながら学びました。

(この報告を書いている担当も、ワークに真剣に取り組んでしまい、写真撮影をうっかり忘れておりました。失礼いたしました。)

71862661_582457058958426_5577942471914029056_n

【アンケートから参加者の声(抜粋)】

●本日の内容について
・話す、聴くことの基本的なことを実践もまじえて学べてよかった
・コミュニケーションについて振り返りと新たな学びを得ることができました
・久しぶりにこのようなセミナーに参加して楽しかった。あたりまえに行っていることを改めて意識することができた
・ヒューマンエラーするのが人間だということを具体的事例で理解できた

・発音や言葉の出し方など初めてであったが勉強になりました。コップ、なかなかですが、考え方、やってみます
・「傾聴」が大切と言いながら、やはりできていないことを再確認しました

●一番印象に残ったことは
・「心を真っ白にして聴く」ことは無理だけど、自分の価値観で聴いていることを意識して聴くことが大切
・聴いたマイナス部分を捨てる
・夜寝る前、良いことを思おうと!やってみます
・加齢の表を見て、自分のことが少し許せると思えたこと

●参加する前と後では、何か変化がありましたか?
・元気をいただきました。また、明日から頑張ります。ありがとうございました!
・チャレンジ、アクション!
・何をするにも健康第一
・どんな方々がきているか心配していましたが、参加して良かった
・いろんな人たちと話す、聞く機会を持つことの大切さを実感


第2回目は11月2日(土)「目からうろこの傾聴テクニック」のサブテーマで開催いたします。2回目からの参加も大歓迎です。
受講お申し込みは下記のフォームより受け付けております。

皆様のご参加お待ちしております。

↓キャリネット学苑 受講申込フォーム

受講申し込み


 

モバイルサイト

NPO法人 キャリアネットワーク北陸スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら