NPO法人 キャリアネットワーク北陸

北陸で働くミドル・シニア世代のネクストステージを応援する「学び」と「人」のネットワーク

タイトル画像_活動報告

HOME ≫ 活動報告 ≫

第2期「キャリアシフト・コーディネーター養成講座」第3回開催報告

スクリーンショット 2021-06-13 13.08.24_コピー
 リモート形式でスタートした第2期講座も、今回で早や3回目となりました。今回のテーマは「傾聴」で、カリキュラムには、グループに分かれて「傾聴」のロールプレイを行う時間もあります。前日にはスタッフでリハーサルも行い、本番に臨みました。

今回のカリキュラムは下記の通りです。
日時:2021年6月13日(日)13:00~16:30
テーマ:「傾聴について~良好な人間関係を築くコミュニケーションスキル」
講師:若林善一氏(産業カウンセラー・キャリアコンサルタント)

 初めに「コミュニケーションとは」「傾聴とは」の基本的な概念と「コミュニケーションにおける傾聴のステップ」の説明。その後、2人一組になり「簡単な受容」の体験。
傾聴の基本である「うなずきとあいづち」「繰り返し」、そして、話し手の「気持ちを返す」ことで気持ちに寄り添い、信頼関係をつくることを心掛ける。最後に、これまでの話の内容を整理して、話し手が感じていること、思っていることを確認する。
若林講師には、話し手が「自分はどうしたらよいのか」と問題解決を求めてくるような場合に、どのように応じたらよいのか、ご自分の失敗談もふまえて「気持ちの返し方」の例なども教えていただきました。

スクリーンショット 2021-06-13 13.10.30_コピー

スクリーンショット 2021-06-13 13.10.33_コピー

 次に、4人一組に分かれて、話し手・聴き手・観察者を決め、順番にロールプレイを実践しました。4人目のオブザーバー(=進行役)は、受講者のうち産業カウンセラーやキャリアコンサルタントの資格を持ち経験を重ねている方々にお手伝いしていただきました。

スクリーンショット 2021-06-13 15.07.55_コピー

 ずっと「傾聴」に苦手意識があった私ですが、第1期の若林講師の傾聴講座を受講し、ロールプレイをした際に、相手の話を聴きながらも、つい自分の考えやアドバイスしたいことを考えてしまっているため、しっかりと相手の感情まで受け止めることができていないということに気づかされました。
その気づきをふまえて、今回は、まずは「自分の価値判断を保留する」ことを心掛け、「相手の気持ちを理解して」、「相手の話したいことを話してもらう」ように努めたつもりですが、どうだったでしょうか。
こうした体験の場では意識できても、日常に戻るとまた忘れがちですが、だからこそ、このような場で、自分の聴き方について客観視していただくことは、とても重要だとあらためて感じました。

 今回は、リモート形式で初めての「傾聴」体験でしたが、案外、さほど違和感なく出来たことが新たな発見でした。1対1の場合は、むしろ他者の目を気にせず、深いコミュニケーションが可能なのかもしれません。

 1年前に、コロナ禍でやむなく始めたリモートという方法ではありますが、今回もトラブルなく進行できましたし、受講者全員がしっかり使いこなしていらっしゃることに感慨を覚えました。
早くワクチン接種がいきわたり、心おきなく集う日が来ることが望ましいですが、こうして受講された皆さんがニューノーマルに対応し、着実に進化していることも素晴らしいと実感できた講座でした。
みなさま、おつかれさまでした。


スクリーンショット 2021-06-13 16.15.21_コピー


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆キャリネットの新しいキャッチフレーズ:
「人は、ひとりでは自分を学べない」
~これからも、共に学び、共に語らい、希望をもって進みましょう。~

第3回担当: 植村まゆみ



 

第2期「キャリアシフト・コーディネーター養成講座」第2回開催報告

第二回柵さん1_コピー
開催日時:2021年5月23日(日) 13:00~16:30
今回もZOOMでのリモートセミナー開催となりました。

講座詳細は以下の通りです。



講 師  : NPO法人地域学習プラットフォーム 理事長 柵 富雄氏

第一部 : テーマ「ITの基礎知識 ~大人の情報教育~」
内 容 :
1.ITによる社会変化
2.ITと情報社会を理解する
3.ITによる仕事とビジネスの変革
4.新IT社会の課題
5.求められる知識とIT活用力

第二回柵さん2_コピー

第二部 : 「一人ひとりのネクストステージを育むプラットフォーム」
内 容 :
1.人生100年時代とライフサイクル
2.「自ら変化する」生まれやすい情きぉゆを作る
3.自己開発を支援する実践例とITの活用
4.eネットひろばの全体像
5.eネットひろばの役割と要件
6.eネットひろばの活用と機能
7.eネットひろば参加者への支援

※第一部では、いかに現代社会においてITの活用が必要であるかということを、穏やかな口調で、わかりやすく講義してくださり、好評であったと思います。
また、第二部では、会員になってからまだ日が浅く、キャリアネットネットワーク北陸の活動に、触れる機会のなかった方々にも、理解を深めてもらえる内容であり、モチベーションも上がったのではないでしょうか。


講 師 : 富山国際会議場企画営業部長/キャリアネットワーク北陸理事
城川 江里子氏


第三部 : eネットひろばの道案内
内 容 :キャリアネットワーク北陸のHPから eネットひろばへの入り方、自分が見たい箇所への入り方・活用等を詳しく解説。

第四部 : 実体験!eネットひろばのワーク
内 容 : eネットひろば活用の体験型指導。

※高度な質問、初歩的な質問、実にさまざまな種類の質問が飛び交う中、講師たちは懇切丁寧に教えられていることに感心。ITに不慣れな参加者も、eネットひろばを活用することの利便性を納得できたように感じました。

第二回全員_コピー

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆キャリネットの新しいキャッチフレーズ:
「人は、ひとりでは自分を学べない」
~これからも、共に学び、共に語らい、希望をもって進みましょう。~

                                                  
第2回担当:市井啓子 記




 

第2期「キャリアシフト・コーディネーター養成講座〔基本コース〕」 第1回開催報告

5月9日養成講座写真
 キャリアネットワーク北陸は、半年前に立ち上げた「キャリアシフト・プロジェクト」の一環として、2020年12月から2021年3月の間、6回にわたり、「キャリアシフト・コーディネーター養成講座〔基本コース〕」を実施しました。

 教育事業として位置付けた当講座は、会員の相談や要望に応じてサポートできる人材養成を目的としていますが、まずは、自分自身への理解を深め、知識やスキルなどの振り返りをする「基本コース」を開講することになりました。理由は、会員の皆様は、さまざまな分野でキヤリアを積み重ねた方々ですが、歩いてきた道がそれぞれに違い、価値観やコーディネーターに対する想いも異なります。「基本コース」の講座を通して、教える講師が教わることあり、教わる受講者は講師や仲間に教えることも出てきます。
 このように、当講座は、講師からレクチャーを受けるだけでなく、face to faceで交流し、学び合うのが基本スタンスですが、新型コロナウィスル感染再拡大の様相となり、今期は、やむなくリモート講座に切り替えました。対面講座に近づけること難しい面があり、1時間半におよぶリハーサルをしても心配がぬぐえませんでした。当日、新規受講者11人・1期での欠席者2人・講師と担当役員7人の20人がzoom画面に揃いました。

 カリキュラムは1期と同じですが、1期受講者からいただいた意見を反映させ、順序や内容も見直しました。 

☆1回目は、次のカリキュラムで講座を行いました。

1コマ目: 
「仕事の壁と職業情報~自分探しの第二の人生~」
副題「職業論(稼ぐ・自己実現)から人生論(どう生きるか)」
講師:松本 久介 氏(株式会社キャリアマッチングシステム富山代表取締役)

2コマ目:
「公的年金の基礎知識と60歳からの職業設計」
講師:川筋 真 氏(行政書士ラポール法務事務所代表)

 「仕事の壁と職業情報~自分探しの第二の人生」では、「職業論(稼ぐ・自己実現)から人生論(どう生きるか)」という副題で、職業観の欧米比較、日本型雇用形態、グローバリゼーション、人口減少社会、急速な時代変化などの理論編に続き、60歳からの生き方については、まずは60歳でリセットする。その後は、5年きざみで自分の人生設計をしていく、定年後のポイントカードを多く持つなどの提言があり、自分の棚卸しをすることの大切さを痛感した時間でもありました。

 「公的年金の基礎知識と60歳からの職業設計」では、公的年金の基礎知識をはじめ、働きながら年金をもらう場合の基準や遺族年金など、複雑な年金の仕組みについて、分かりやすく知識を得ることができたという声が寄せられました。また、定年後の不安を軽減するために、「60歳からのキャリアビジョンを描く」ことの大切さを学び、「ネクストキャリアで大切にしたいこと」ワークを楽しみ、zoomを活用したグループセッションでは、自分の棚卸しをするだけでなく、他人の生き方にうなずいたりし、笑顔が広がるひとときでした。

 講師の方にとっても、受講者の反応を見ることが難しいリモート講座。講師×受講者×スタッフ三方からの協力で、リモート講座第1回は、支障なく成立したように感じています。

 受講者の方には、毎回振り返りアンケートを提出いただき、受講者同士の情報共有や、講座内容の改善に資していきたいと考えています。なお、アンケート集約については、講座受講者だけが閲覧できる[e-ネットひろば]に掲載しますこと、ご了承ください。

5月9日養成講座写真


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆キャリネットの新しいキャッチフレーズ:
「人は、ひとりでは自分を学べない」
~これからも、共に学び、共に語らい、希望をもって進みましょう。~

第1回担当:岡野絹枝

4/17 北陸イグナイト&キャリネット広場 実施報告

IMG_6412_コピー

 4/17に開催した北陸イグナイト&キャリネット広場の報告です。


コロナ禍ではありましたが、会場参加24名、オンライン参加4名のお申し込みがあり、会場の感染対策を万全に行い、リアルとオンラインの併用で開催しました。

 


 

 テーマは「ネクストステージは、社会への恩返し」
職業人としての第一ステージを全うされたゲストスピーカーのお二人が、これからの人生は、他者支援!と大きく舵を切られるに至った経緯と気づき、想いをお聴きしました。

●山田 智子氏

(キャリアコンサルタント・産業カウンセラー・富山県がんピアサポーター)
テーマ:「明るく楽しく人の役に立つ」

IMG_6409_コピー


 今回のために、「久しぶりにライフラインチャートを書いてみた」という山田さんが、これまでの人生で気づかれた、その時々の思いを私たちに伝えてくださいました。 
 多くの転職を経験されたこと、それらすべてが人に関わる仕事だったことなど、ご自身でも、今回振り返ってみて、あらためて気づかれたことだと、振り返りの大切さを話されていました。6回の転職を経験し、「人生前半は仕事を進めていく役割、そしてがんという病気を経験し、これからは人を支えていく役割」へキャリアシフトしたということでした。 
 また、命と向き合った山田さんは「やりたいことはすぐやる、明日できるかわからないから」と、〝余計なお節介″ではなく〝偉大なるお節介″を実行中とのこと、参加者の共感を集めていました。

 

IMG_6408_コピー



●竹口 健二氏

(一般社団法人産業カウンセラー 中部支部 北陸事務所所長)
テーマ「任務優先の艦長から、万人に幸せを与える人へ」

IMG_6418_コピー

 防衛大学校を卒業後、海上自衛官として約34年、艦艇勤務の最高の地位の艦長をはじめ、隊司令や幕僚長として築いたキャリア、誇りをお持ちだった竹口さんが、退職と同時に奥様やお子さんから告げられた「あの時のお父さんはひどかった」に衝撃を受け、「真に寄り添う」自分へシフトチェンジを考えたとのこと。しかし、それは容易なことではなく、10年ほど悶々とした時間を過ごし、現在に至っているとのことです。自衛隊時代のお話は、私たちの知らない世界。参加者も興味津々の様子でした。 
 大きなキャリアシフトをされた竹口さんですが、今後もキャリアシフトは続いていく、そのためにも人との関りが大切だと、お話を締めくくられました。

 

IMG_6420_コピー

IMG_6422_コピー_コピー

IMG_6415ぼかし_コピー_コピー


●交流会(グループトーク)
ゲストスピーカーを中心に2グループに分かれ、参加者の簡単な自己紹介、座談会では聞くことができなかったこと、より詳しく知りたいこと等、参加者からの質問に対してお答えいただきながら、ゲストスピーカーとの交流、グループ内での交流を図りました。


IMG_6427_コピー

IMG_6432_コピー_コピー
 

IMG_6434_コピー_コピー
IMG_6429_コピー

IMG_6436_コピー_コピー_コピー

IMG_6439_コピー

IMG_6438_コピー


【アンケートから参加者の声(抜粋)】
・私もお2人を見ならって、しなやかかつブレずに頑張ります。
・人生100人100様。今日も参考になるお話ありがとうございました。
・これからの1日1日を嬉しく生きる。
・色々な人のボランティア活動等が参考になった。
・大変、勇気をもらいました。
・人との関りのすばらしさを再認識しました。
・社会への恩返しをあらためて感じました。
・元気になった。
・私も70歳を迎え、今後の変化(体力・病気)を乗り切っていく為の考え方を学び、後の仕事の進め方に勇気を持って変化することを覚悟できました。
・元気になりました。カウンセリングをしっかり勉強しようと思います。
・人生に対する考え方が変わりました。
・まだまだ自分は活躍しなければならないという気持ちになりました。
・プラスに考えることが楽しい人生を送れるとあらためて考えた。
・自分とは違うそれぞれの人生から学びを得ました。
・実体験に戻づく話で、おもしろく、参考になった。



 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆キャリネットの新しいキャッチフレーズ:

「人は、ひとりでは自分を学べない」
~これからも、共に学び、共に語らい、希望をもって行動していきましょう。~
 
担当:松崎妙子



 

「キャリアシフト・コーディネーター養成講座」第6回(最終回)実施報告

159623662_127172466024453_2378999122970885523_n_コピー

 昨年12月6日に開始した当講座は、年末年始のコロナ感染拡大に対応するため、1回を延期に、2回はリモートを取り入れて、3月7日、最終講座にこぎつけました。
 そして、これを「第1期」として、「第2期」開講も決まりました。第1期受講者は19人。修了条件が8割以上の出席となっているため、第1期の修了者は11人となりました。あとの8人の方は、第2期に、欠席した分のカリキュラムを受講したあとに修了される予定です。
講座終了後には、簡単な修了式を行いました。このように証書をもらえるのは、いくつになっても嬉しいものだという声あり、会場は笑顔に満ちていました。

 この「基本コース」は、8つのカリキュラムで構成され、1コマ90分。4回は2コマ続きの講座で、1回目と6回目には2つのカリキュラムを1コマずつ組み込んであります。
今までに体験したり学んだりしたことのあるテーマも、視点を変え、会員仲間で学び合い、気楽に楽しく、実に学ぶことの多い講座でした。何しろ講師のほとんどが会員ですので、「教える」ことは「教わること」、「教わること」は「教えること」、まさしく当講座の特長でもあると思います。そして、講師の方々の造詣の深さに感心しながら、講師諸氏が会員であることは、当法人の誇りでもあると感じました。
以上が、当講座のまとめです。

 次に、今回の講座概要を報告します。
☆最終回は、次のカリキュラムで行いました。
1コマ目:「Story Telling ~相手から共感と信頼を得る自己証明づくり~」

講師:松﨑 妙子 氏(人材開発コンサルティング ボン・クラージュ 代表)
 
2コマ目:「総括 ~新生涯現役への展望~

講師:柳原 正年 氏(富山社会人大楽塾 代表)

1)「Story Telling ~相手から共感と信頼を得る自己証明づくり~」では、まずもって全員が「Story Telling」は初めて学ぶテーマでした。
松﨑講師も最近修得されたスキルであるとのことで、新鮮でもあり、受講者は身を乗り出し、ワクワクしながら学びました。
ストーリーテリングの概論から始まり、その「効果」と「有効なシーン」に大いに納得しました。ストーリー作成のパターンを教わり、それに沿ってマイストーリーづくりしたものをメンバーとシェアしながら、自分自身の振り返りもできました。また、「たとえ話」にメッセージを込めることにより、「人は、想像した姿に、必要なものを探し始める」ことも心に残りました。
 
159893100_809015216364940_1904422988098274379_n_コピー

159973585_193083885540912_837476297806900610_n_コピー

2)「総括 ~新生涯現役への展望~」では、過去5回の講座を振り返りながら、私たちは何のために生きるか、何のために働くか、という究極のキャリア論を深く学ぶことができました。そして、働き方のパラダイムシフト、変化を楽しむライフベンチャーの時代に入っていること、その中で、それぞれが自分のミッション(使命)やビジョン(将来像)を考えてみる機会を与えてもらいました。

160192714_282252159971000_6602232682084168658_n_コピー

 昭和おじさん社会システムが、コロナで押し流されようとしている今こそ、キャリアシフトに向けて自分に問いかけるチャンスであることを聴きながら、男性社会で苦労した経験のある私は、大変心強くも感じました。
コロナ禍はいまだに社会を不安にさせていますが、一方で、当法人も、コロナがあったからこそ少しはデジタル化が進んだのだと。コロナというピンチを、それぞれの立場でチャンスにするときであることを、柳原講師は、ご自分の経験などから、「新生涯現役」と名付け、変化をチャンスとして、変化を楽しむ生き方の提唱をされ、全員が共鳴しました。
 
159942587_1186557805109114_3268932148894054132_n_コピー

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆キャリネットの新しいキャッチフレーズ:

 

「人は、ひとりでは自分を学べない」

~これからも、共に学び、共に語らい、希望をもって行動していきましょう。~
 
最終回担当:岡野絹枝

 

 

 

モバイルサイト

NPO法人 キャリアネットワーク北陸スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら