NPO法人 キャリアネットワーク北陸

北陸で働くミドル・シニア世代のネクストステージを応援する「学び」と「人」のネットワーク

タイトル画像_活動報告

HOME ≫ 活動報告 ≫

8/21 北陸イグナイト&キャリネット広場 実施報告

スクリーンショット 2021-08-21 13.30.56

  8/21に開催した北陸イグナイト&キャリネット広場の報告です。
これまで対面で実施してきた北陸イグナイト&キャリネット広場ですが、コロナ感染拡大のため今回初めてフルリモートにて開催しました。参加者は21名でした。


 
 今回のテーマは「70代のモチベーション」
70代、今も現役でご活躍なさっているゲストスピーカーのお二人に、これまで歩んでこられた人生を振り返り、モチベーションの保ち方、人生のとらえ方などを伺いました。
 
●前田幸三郎氏 (丸文通商株式会社 顧問)
テーマ:「悔いのない人生を全うしよう」
 病気との出会いが人生観を大きく変えたとおっしゃる前田さん。病気をも出会いととらえ、そこから得られた思いを「何事も明るく、後ろを振り返らないでおこう」「嘘、偽りのない人生で信頼を得よう」という言葉でお話いただきました。
 ご自身のモチベーション維持の方法もたくさんご紹介くださいました。新しいことを学ぼうとする前向きな気持ちをもっていること、感謝の気持ちを忘れないこと、友人とのお付き合いは積極的に参加すること、夢を持ち楽しむこと・・・。

私たちも今から実行すればワクワクドキドキの楽しい70代をすごせると思える具体的な内容が満載のお話でした。

スクリーンショット 2021-08-21 13.40.39_コピー
 
スクリーンショット 2021-08-21 13.53.01_コピー

●市井啓子氏 (I.S.K有限会社 代表取締役)
テーマ:「人生、前しかないよ!」
 富山テレビ放送アナウンサーを経て独立、フリーとしてご活躍の市井さん。若い時はあがり症だったことを明かされ、自己改革をめざされたということです。「自分に足りないものや足りないことは、足りないと思ったときに取り入れればいい」という姿勢が、その都度必要なことを前向きに学び続けることにつながり、それがモチベーションになっているとのことでした。また、「出会いが自分や会社をステップアップさせてくれている」と、出会いに対する感謝の思いも話されました。
 最後に相田みつを氏の「そのうち」という詩を朗読され、参加者は目を閉じて詩の言葉をじっくりと味わいました。

スクリーンショット 2021-08-21 14.10.38_コピー スクリーンショット 2021-08-21 14.05.11_コピー

●交流会(グループトーク)
 ゲストスピーカーを中心に2グループに分かれ、座談会で感じたこと、印象に残ったこと、気づいたことなどの感想をはじめ、座談会では聞くことのできなかったこと、より詳しく聞きたいことに応えていただきながら交流を図りました。
 さらに、小さなグループにわかれ「70代どのような自分でありたいか」「70代の自分のイメージ」などを思うままに楽しく話し合いました。
 
8月イグナイト⑤

8月イグナイト⑤

8月イグナイト②

8月イグナイト⑧

8月イグナイト⑦

8月イグナイト⑥


【アンケートから参加者の声(抜粋】        
●今日、印象に残ったことをお聞かせください。
・参加された方全員のモチベーションの高さ
・前田講師より「夫婦円満の秘訣・・・感謝の気持ちを伝える」「命があることに感謝すること」市井講師「パーフェクトでなくてもやってみる」「良いところを見る」「自分のバリアを取る」「自己改革」
・今日の話も、どれもよかったのですが、特に、前田さんの数多くの病歴と、その後感謝の気持ちで夫婦仲良く過ごしていること、市井さんの誤解や嫌なことがあっても常に前向きな気持ちで過ごしていることに一番、感銘しました。
・前田さんがご紹介くださった「人間は一生のうちに逢うべき人には必ず逢える。しかも、一瞬早すぎず、一瞬遅すぎない時に」この言葉は浸みました。当に岡野先生と出会いキャリネットに参加させて頂いていることが証です。また市井先生のプロフェッショナルな凛とした姿勢は改めて尊敬です。同時に組織に守られている自分の甘さを感じました。少しでも近づけるように努力したいと思います。そして皆さんとのご縁に感謝です。
・「前を向いていれば、出会いがある」「感謝の気持ちを持って」先輩方から良いアドバイスをいただきました。
・全体的な雰囲気として、とても和やかで気の張らない印象でした。実際対面でお聞きする講義形式ではなかなか味わえないのではと思える講師の方々の雰囲気のお陰でとてもリラックスできました。
・前田さん: 医療と御自身への信頼感の強さ、良いと思ったことを実行して活用なさっているからこそ、ご自身が楽しいことを発見することができ、そのわくわく感がエネルギーになっていると感じました。グループになった時も、相手の話に耳を傾けて丁寧に答えていらっしゃいました。なんと言っても、夫婦円満。「夫婦って二人で一人前」ご紹介してくださった言葉を生きていらっしゃると思いました。
市井さん: お仕事がご自身を成長させ、磨いていらしたのだと感じました。幼いころの環境が大きくかかわっていることも理解できました。「自分に足りないものやことは、足りないと思ったときに入れ込んでいけばいい、何とかなる、という言葉も印象に残りました。そうやって培ってきたものが、市井さんのプロとしての仕事への想いになり、また誰かがどこかで見ていてくれることがご自身のモチベーションになっていることが伝わってきました。「出会いが自分や会社をステップアップさせてくれている」この言葉に、共感しました。
グループワークの中で,印象に残ったこと:「人は成熟してますます若くなる」興味をもって、これまでできなかったことにいろいろチャレンジしていくと、学びたいことが次々に出てきて、活き活きとした人生になるってこと?と、自分では理解しました。

スクリーンショット 2021-08-21 15.58.00_コピー


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆キャリネットの新しいキャッチフレーズ:
 
「人は、ひとりでは自分を学べない」
 
~これからも、共に学び、共に語らい、希望をもって行動していきましょう。~
 
担当:野口喜美代



 

第2期「キャリアシフト・コーディネーター養成講座」第6回(最終回)実施報告

スクリーンショット 2021-07-25 13.05.08_コピー
 今年5月9日に開始した当講座は、全編をリモートで行い、7月25日、最終講座となりました。
 「第2期」は、一部内容を変更し、交流分析の学びが加わり、コーディネーターとしての自分を見つめ、今後の相談者との向き合い方にも繋がる学びを得ました。また、「第1期」と同じテーマの回も、講師陣がそれぞれ内容を進化、深化させ、再受講の参加者もより一層学びを深めました。

 第2期受講者は11人。修了条件が8割以上の出席となっているため、第2期の修了者は8人となりました。それから第1期に欠席した分のカリキュラムを受講し、7人の方が修了され、第1期・第2期合わせて26人が本養成講座を修了されました。
修了証授与もリモートで行いましたが、写真の皆さんの笑顔をご覧いただけましたら、お気持ちが伝わると思います。
 
スクリーンショット 2021-07-25 16.32.39_コピー

スクリーンショット (72)_コピー
 
 次に、今回の講座概要を報告します。
☆最終回は、次のカリキュラムで行いました。
1コマ目:「Story Telling ~相手から共感と信頼を得る自己証明づくり~」
講師:松﨑 妙子 氏(人材開発コンサルティング ボン・クラージュ 代表)
 
2コマ目:「総括 ~新生涯現役への展望~」
講師:柳原 正年 氏(富山社会人大楽塾 代表)

1)「Story Telling ~相手から共感と信頼を得る自己証明づくり~」は、第1期でも全員が初めて学ぶテーマで、とても楽しんでいただけましたが、第2期でも「楽しみ!」という声をいただいておりました。
このストーリーテリングが、キャリアシフト・コーディネーターとして、なぜ必要なのか?どのように活用することが有効なのかを、第2期も初めて学ぶ方々が多かったため、ストリーテリング概論から始まり、「効果」と「有効なシーン」の説明が行われました。また、単なる自己紹介ではなく、「感情」が伝わるからこそ、相手に響くことを知りました。ストーリー作成のパターンを教わり、それに沿ってマイストーリーをつくり、ペアのメンバーに話す(まさにストーリーテリング)ことで、「書いただけでは気づけないことに気づくことができた」という感想も出ていました。

スクリーンショット 2021-07-25 13.00.52_コピー
  
2)「総括 ~新生涯現役への展望~」では、過去5回の講座を振り返りながら、私たちは何のために生きるか、何のために働くか、という究極のキャリア論を深く学ぶことができました。

スクリーンショット 2021-07-25 14.31.22_コピー

 20年前とは大きく異なるキャリアシフトの形を、具体的に、肌身で感じられるほど、わかりやすく説明を受けることができました。そして、どれほどの人がキャリアシフトの変化の現状に気づき、動いているか、自分に問いかけ、周りの知人のことを考える機会をいただきました。
コロナ禍はいまだに社会を不安にさせていますが、講師の「青春とは・・・夢を持ち、希望の浪をとらえる限り、100歳であろうと、人は青春なのです。」という言葉に強く胸を撃たれ、目の前のことをチャンスととらえ、柳原講師のように「新生涯現役」、変化を楽しむ生き方の提唱を、全員が共鳴しました。
 終始笑顔で明るく力強く話される柳原講師のお姿と、今回の内容は、本講座全6回の総括となる素晴らしい講義となりました。

スクリーンショット 2021-07-25 15.58.59_コピー
 
スクリーンショット (70)_コピー

【最後の感想タイムコメント】
・豊かな経験の上に先を進まれている先輩方がいることで、「自分もやれる!」と思えた。
・のんびりとしたムードの中にもスパイスが効いた学びがたくさんあり、キャリアアップで
できることがあると感じた。
・学びと成長をあきらめることはないと思った。
・今後のキャリアをかんがえることが楽しみになった。
・自分がやれることへの気づき、みなさんに話すことの大切さを実感し、自信がついた。
・講座の中、ご一緒した方々のお話の中から、たくさんの指針をいただいた。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆キャリネットの新しいキャッチフレーズ:
 
「人は、ひとりでは自分を学べない」
 
~これからも、共に学び、共に語らい、希望をもって行動していきましょう。~
 
最終回担当:松崎妙子

 
 

第2期「キャリアシフト・コーディネーター養成講座」第5回 開催報告

スクリーンショット 2021-07-11 13.01.16_コピー
当講座第2期も終盤となり、「傾聴」「交流分析」に続き、「コーチング」に取り組みました。





☆今回のカリキュラムは、次のとおりです。

日 時:2021年7月11日(日) 13:00~16:30
テーマ:「コーチング 〜相手の可能性を引き出す関わり方」
講 師: 土屋佳瑞氏 o f f i c e  A V A N C E ( オフィスアバンセ ) 代 表 
プロフェッショナルコーチ / チームビルディングコンサルタント

スクリーンショット 2021-07-11 14.14.40_コピー

 土屋講師の自己紹介では、会社員時代にチームづくりに悩んだ実体験が、コーチングや交流分析を学ぶスタートだったと語っていただきました。

1. コーチングとは
2. コーチングが機能するには
3. コーチングの基本スキル


1.コーチングとは
 コーチングの語源は、COACH(馬車)。馬車が乗っている人を目的地に運ぶことをイメージし、コーチングを受ける人が、行きたい場所ややりたいことの目標達成へ導くためのコミュニケーションスキルであることから始まりました。
経験や習熟度が低いときはティーチングが有効ですが、相手の可能性を引き出すコーチングは、「答えは相手の中にある」「たとえ今は答えがなくても答えを導く出す能力を持っている」と信じて未来や可能性に向かって、意欲や気づきを引き出すことに集中します。

2.コーチングが機能するには
 クライアントの双方向のコミュニケーションでは、「コーチの聴く」は、9:1を目指します。
コーチは「自己理解・自己承認・自己開示・ロールモデル」といった自己基盤をもち、その上にコーチングマインド、そして信頼関係、スキルへとつながっていきます。

3.コーチングの基本スキル
 人は、認めてもらったり、否定せずに話を聴いてもらえると、気持ちが楽になって、自らの考えを整理しだし、やりたいことが明確になっていくことに気づきます。

 講座では2人ペアで「認めて」「聴いて」のワークを体験しました。
最後は質問のワーク。
相手が自由に答えられるようなオープンクエスチョンに変える練習をしました。

 最後の最後に、相手とやりとりするコーチングミニ体験をしてみたら、会話を通じて相手がスルスルと問題解決していく様子を目の前にして感嘆の声が上がるほどでした。

スクリーンショット 2021-07-11 16.13.25_コピー

スクリーンショット 2021-07-11 15.50.23_コピー

 チャットやグループワークを交えての中身たっぷりの講座でした。
ただ「聴く」だけでなくて、コーチの質問で、相手の中にある可能性が導き出されていくことを学び、コーディネーターとしてのスキルに役立てたいと思いました。

スクリーンショット 2021-07-11 16.23.52_コピー

第5回担当:城川江里子

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆キャリネットの新しいキャッチフレーズ:
「人は、ひとりでは自分を学べない」
~これからも、共に学び、共に語らい、希望をもって行動していきましょう。~

 

第2期「キャリアシフト・コーディネーター養成講座」第4回 開催報告

スクリーンショット_2021-06-27_13.16.13_コピー
 当講座第2期は、全回リモート形式で行っていますが、リモートならではの特長も少しずつ取り入れることができるようになりました。後半となった第4回は新しいテーマでしたので、第1期の方にも受講していただけるようご案内し、当日、画面には17人の顔が並びました。


☆今回のカリキュラムは、次のとおりです。

日 時:2021年6月27日(日) 13:00~16:30
テーマ:「自己理解・他者理解を深める心理学~交流分析の活用~」
講 師:野口 喜美代 氏(交流分析士准教授・キャリアネットワーク北陸副理事長)

 「交流分析(Transactional Analysis)」とは、「自分を知って自己成長し、他人を理解して人間関係を円滑にする心理学」である。交流分析の基本姿勢は、「過去と他人は変えられない、変えることができるのは、”今、ここ”の自分だけである」という紹介で、講座がスタートしました。
交流分析は、7つのジャンルで構成されていますが、今回は、その中の2つ、「自我状態」と「ストローク」を活用した講座でした。

unnamed_コピー_コピー

前半は、「自我状態とエゴグラム」。次のように進められました。
1.「エゴグラム」を書く:自我状態を分析するために用いるのが、性格的特徴をグラフ化する「エゴグラム」です。桂式自己成長エゴグラム(著作権フリー)を使って、自分のエゴグラムを書いてみることから始めました。
2.エゴグラムの解釈:「自我状態」とは何か、その種類や5つの機能の特徴などについてレクチャーを受け、自分自身の自我状態を分析してみました。
3.グループセッション:1グループ4,5人で、自分のエゴグラムに対して感じたことを心おきなく話し合いました。グループで話し合う際のグランドルール(①相互尊重②守秘義務③パスの権利)を先に示されたので、安心感が増し、自己開示の背中を押してもらったように感じました。
4.エゴグラムの改善方法とグループセッション:自分のエゴグラムに対して、もっと良くしたいと思ったところの改善方法について講師からのレクチャー後、メンバー同士で聴き合いました。

20210627グループショット

後半は、「ストローク」
1.ストローク理論:ストロークとは、「”人の存在”を認めるすべての言動やはたらきかけ」であること。ストロークの種類、ストロークの法則、ストローク不足(ストローク飢餓)になったときの人間の行動や、ストローク授受のくせなどについて学びました。
2.グループセッション:最後は、ストロークシャワーの体験でした。順番に、自分の自慢をしたあと、グループメンバーがその人に肯定的ストロークを与えます。受講者全員がストロークシャワーをいっぱい浴びて、笑顔が画面のすみずみまで広がりました。

20210627全体

 交流分析は、気づきの学問といわれています。学ぶたびに気づきがある一方で、私は実際の行動とのギャップにいつも苦笑い。「人間だもの」と言い訳しながら生きています。学べば、気づきは深まります。
これからも共に学んでいきませんか。

第4回担当:岡野絹枝

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆キャリネットの新しいキャッチフレーズ:
「人は、ひとりでは自分を学べない」
~これからも、共に学び、共に語らい、希望をもって行動していきましょう。~



 

令和3(2021)年度総会のご報告

logo_w240
  今年こそ会員の皆様にお集まりいただき、交流を深めながら総会を行えると思っておりましたが、コロナ禍再拡大状況につき、昨年に続き、書面総会となりました。審議結果について、次のようにご報告します。

☆書面総会のご報告☆

 定款第27条(定足数)および第28条(議決)の条項を全て満たしましたので、予定通り書面総会を開き、次のようになりましたことご報告します。

 正会員数:28人中26人出席

 第1号議案 役員改選案および定款施行細則案承認の件
    承認:26人
    否認: 0人
   
  〇第2期役員(いずれも再任)
   理 事 長: 岡野絹枝
   副理事長: 野口喜美代 植村まゆみ
   理   事: 経田博子 熊木信雄 金堂佳永子 城川江里子 松﨑妙子
   監   事: 飯野幸子
  〇定款施行細則については、pdf添付でご報告します。

 第2号議案 令和2年度事業報告および決算報告承認の件
        承認:26人
            否認: 0人

  第3号議案 令和3年度事業計画案および予算案承認の件
            承認:26人
            否認: 0人

  以上のように全ての議案が承認されましたので、6月22日付で、一般会員・賛助会員の方々に、「昨年度事業報告」「今年度事業計画」(pdf添付)について、ご報告しました。

なお、年会費納入についても、書面でお願いしましたので、今年度も引き続きよろしくお願いいたします。



 

モバイルサイト

NPO法人 キャリアネットワーク北陸スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら