NPO法人 キャリアネットワーク北陸

北陸で働くミドル・シニア世代のネクストステージを応援する「学び」と「人」のネットワーク

タイトル画像_活動報告

HOME ≫ 活動報告 ≫

4/17 北陸イグナイト&キャリネット広場 実施報告

IMG_6412_コピー

 4/17に開催した北陸イグナイト&キャリネット広場の報告です。


コロナ禍ではありましたが、会場参加24名、オンライン参加4名のお申し込みがあり、会場の感染対策を万全に行い、リアルとオンラインの併用で開催しました。

 


 

 テーマは「ネクストステージは、社会への恩返し」
職業人としての第一ステージを全うされたゲストスピーカーのお二人が、これからの人生は、他者支援!と大きく舵を切られるに至った経緯と気づき、想いをお聴きしました。

●山田 智子氏

(キャリアコンサルタント・産業カウンセラー・富山県がんピアサポーター)
テーマ:「明るく楽しく人の役に立つ」

IMG_6409_コピー


 今回のために、「久しぶりにライフラインチャートを書いてみた」という山田さんが、これまでの人生で気づかれた、その時々の思いを私たちに伝えてくださいました。 
 多くの転職を経験されたこと、それらすべてが人に関わる仕事だったことなど、ご自身でも、今回振り返ってみて、あらためて気づかれたことだと、振り返りの大切さを話されていました。6回の転職を経験し、「人生前半は仕事を進めていく役割、そしてがんという病気を経験し、これからは人を支えていく役割」へキャリアシフトしたということでした。 
 また、命と向き合った山田さんは「やりたいことはすぐやる、明日できるかわからないから」と、〝余計なお節介″ではなく〝偉大なるお節介″を実行中とのこと、参加者の共感を集めていました。

 

IMG_6408_コピー



●竹口 健二氏

(一般社団法人産業カウンセラー 中部支部 北陸事務所所長)
テーマ「任務優先の艦長から、万人に幸せを与える人へ」

IMG_6418_コピー

 防衛大学校を卒業後、海上自衛官として約34年、艦艇勤務の最高の地位の艦長をはじめ、隊司令や幕僚長として築いたキャリア、誇りをお持ちだった竹口さんが、退職と同時に奥様やお子さんから告げられた「あの時のお父さんはひどかった」に衝撃を受け、「真に寄り添う」自分へシフトチェンジを考えたとのこと。しかし、それは容易なことではなく、10年ほど悶々とした時間を過ごし、現在に至っているとのことです。自衛隊時代のお話は、私たちの知らない世界。参加者も興味津々の様子でした。 
 大きなキャリアシフトをされた竹口さんですが、今後もキャリアシフトは続いていく、そのためにも人との関りが大切だと、お話を締めくくられました。

 

IMG_6420_コピー

IMG_6422_コピー_コピー

IMG_6415ぼかし_コピー_コピー


●交流会(グループトーク)
ゲストスピーカーを中心に2グループに分かれ、参加者の簡単な自己紹介、座談会では聞くことができなかったこと、より詳しく知りたいこと等、参加者からの質問に対してお答えいただきながら、ゲストスピーカーとの交流、グループ内での交流を図りました。


IMG_6427_コピー

IMG_6432_コピー_コピー
 

IMG_6434_コピー_コピー
IMG_6429_コピー

IMG_6436_コピー_コピー_コピー

IMG_6439_コピー

IMG_6438_コピー


【アンケートから参加者の声(抜粋)】
・私もお2人を見ならって、しなやかかつブレずに頑張ります。
・人生100人100様。今日も参考になるお話ありがとうございました。
・これからの1日1日を嬉しく生きる。
・色々な人のボランティア活動等が参考になった。
・大変、勇気をもらいました。
・人との関りのすばらしさを再認識しました。
・社会への恩返しをあらためて感じました。
・元気になった。
・私も70歳を迎え、今後の変化(体力・病気)を乗り切っていく為の考え方を学び、後の仕事の進め方に勇気を持って変化することを覚悟できました。
・元気になりました。カウンセリングをしっかり勉強しようと思います。
・人生に対する考え方が変わりました。
・まだまだ自分は活躍しなければならないという気持ちになりました。
・プラスに考えることが楽しい人生を送れるとあらためて考えた。
・自分とは違うそれぞれの人生から学びを得ました。
・実体験に戻づく話で、おもしろく、参考になった。



 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆キャリネットの新しいキャッチフレーズ:

「人は、ひとりでは自分を学べない」
~これからも、共に学び、共に語らい、希望をもって行動していきましょう。~
 
担当:松崎妙子



 

「キャリアシフト・コーディネーター養成講座」第6回(最終回)実施報告

159623662_127172466024453_2378999122970885523_n_コピー

 昨年12月6日に開始した当講座は、年末年始のコロナ感染拡大に対応するため、1回を延期に、2回はリモートを取り入れて、3月7日、最終講座にこぎつけました。
 そして、これを「第1期」として、「第2期」開講も決まりました。第1期受講者は19人。修了条件が8割以上の出席となっているため、第1期の修了者は11人となりました。あとの8人の方は、第2期に、欠席した分のカリキュラムを受講したあとに修了される予定です。
講座終了後には、簡単な修了式を行いました。このように証書をもらえるのは、いくつになっても嬉しいものだという声あり、会場は笑顔に満ちていました。

 この「基本コース」は、8つのカリキュラムで構成され、1コマ90分。4回は2コマ続きの講座で、1回目と6回目には2つのカリキュラムを1コマずつ組み込んであります。
今までに体験したり学んだりしたことのあるテーマも、視点を変え、会員仲間で学び合い、気楽に楽しく、実に学ぶことの多い講座でした。何しろ講師のほとんどが会員ですので、「教える」ことは「教わること」、「教わること」は「教えること」、まさしく当講座の特長でもあると思います。そして、講師の方々の造詣の深さに感心しながら、講師諸氏が会員であることは、当法人の誇りでもあると感じました。
以上が、当講座のまとめです。

 次に、今回の講座概要を報告します。
☆最終回は、次のカリキュラムで行いました。
1コマ目:「Story Telling ~相手から共感と信頼を得る自己証明づくり~」

講師:松﨑 妙子 氏(人材開発コンサルティング ボン・クラージュ 代表)
 
2コマ目:「総括 ~新生涯現役への展望~

講師:柳原 正年 氏(富山社会人大楽塾 代表)

1)「Story Telling ~相手から共感と信頼を得る自己証明づくり~」では、まずもって全員が「Story Telling」は初めて学ぶテーマでした。
松﨑講師も最近修得されたスキルであるとのことで、新鮮でもあり、受講者は身を乗り出し、ワクワクしながら学びました。
ストーリーテリングの概論から始まり、その「効果」と「有効なシーン」に大いに納得しました。ストーリー作成のパターンを教わり、それに沿ってマイストーリーづくりしたものをメンバーとシェアしながら、自分自身の振り返りもできました。また、「たとえ話」にメッセージを込めることにより、「人は、想像した姿に、必要なものを探し始める」ことも心に残りました。
 
159893100_809015216364940_1904422988098274379_n_コピー

159973585_193083885540912_837476297806900610_n_コピー

2)「総括 ~新生涯現役への展望~」では、過去5回の講座を振り返りながら、私たちは何のために生きるか、何のために働くか、という究極のキャリア論を深く学ぶことができました。そして、働き方のパラダイムシフト、変化を楽しむライフベンチャーの時代に入っていること、その中で、それぞれが自分のミッション(使命)やビジョン(将来像)を考えてみる機会を与えてもらいました。

160192714_282252159971000_6602232682084168658_n_コピー

 昭和おじさん社会システムが、コロナで押し流されようとしている今こそ、キャリアシフトに向けて自分に問いかけるチャンスであることを聴きながら、男性社会で苦労した経験のある私は、大変心強くも感じました。
コロナ禍はいまだに社会を不安にさせていますが、一方で、当法人も、コロナがあったからこそ少しはデジタル化が進んだのだと。コロナというピンチを、それぞれの立場でチャンスにするときであることを、柳原講師は、ご自分の経験などから、「新生涯現役」と名付け、変化をチャンスとして、変化を楽しむ生き方の提唱をされ、全員が共鳴しました。
 
159942587_1186557805109114_3268932148894054132_n_コピー

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆キャリネットの新しいキャッチフレーズ:

 

「人は、ひとりでは自分を学べない」

~これからも、共に学び、共に語らい、希望をもって行動していきましょう。~
 
最終回担当:岡野絹枝

 

 

 

「キャリアシフト・コーディネーター養成講座」第5回 開催報告

159365868_443738583630590_4026433029514029735_n_コピー
 6回シリーズ講座の第5回目となる今回は、第2回以来の対面による講座開催となりました。講師・受講者ともマスク着用のうえ、密にならないように配慮しながら進めました。






今回のカリキュラムは下記の通りです。
日 時 :2021年2月27日(日)13:00~16:30
テーマ :「傾聴について」
講 師 :若林善一氏 (当会理事、産業カウンセラー・キャリアコンサルタント)

 若林講師は商社勤務をしながら58歳で産業カウンセラー・キャリアコンサルタントの資格を取得され、一般事業所や官公庁におけるメンタルヘルス、コミュニケーション研修などを指導されてきた人生経験も豊富な方です。

159115219_170369468231058_6546228205629490923_n_コピー

 テーマは「傾聴について」良好な人間関係を築くコミュニケーションスキルです。
初めに「コミュニケーションとは」、「傾聴とは」の基本的な概念の説明。
そして本題の「一般的なコミュニケーションにおける傾聴とは」
一般的なコミュニケーションにおける傾聴とは相手が伝えたいことの表面的な内容だけでなく、話の内側にある思いをくみ取り、相手を深く理解し、理解したことが相手に伝わること。

158618876_4259725934088208_6290478532083156006_n_コピー

以下は概要です。
・「3つのきく」聞く(hear)、訊く(ask)聴く(listen)の違い
・傾聴の効果の説明。
・傾聴の5つのステップ
これらを学んだ後で、聴き方のワーク。話す人,聴く人、観察者を決め、順番に実践する。

158816461_5516601028357742_99184327731051840_n_コピー

158661460_494602354869350_3265721687061080143_n_コピー

158638640_258516082478107_7651937829992484764_n_コピー

 当事者では分からないが、観察者のおかげで自分の問題点、欠点が理解できました。私自身、話の腰を折る、早合点など聴くことがあまり得意でないと認識していましたのでたいへん良い機会でした。若林講師の丁寧なトークや指導は理解しやすくケイチョウさせられました。
傾聴は聴く姿勢、意識が大事ですが、テクニックも必要だと理解したつもりです。傾聴は良好な人間関係をつくるのに非常に重要ですので、学んだことを念頭に置いてスキルアップしたいと存じます。

 コロナ禍に注意しながら、久しぶりの対面形式でしたが、参加されたみなさんは口々に、「やはり対面式がいいね」と。
ありがとうございました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆キャリネットの新しいキャッチフレーズ:

「人は、ひとりでは自分を学べない」

~これからも、共に学び、共に語らい、希望をもって行動していきましょう。~


第5回担当:熊木信雄



 

「キャリアシフト・コーディネーター養成講座」第4回目 開催報告

csc4_経田講師_コピー
 昨年12月6日にスタートした6回シリーズ講座は、早や後半を迎えました。年末年始のコロナ感染拡大のため、1月初旬の日程を繰り下げて、1月24日に初のリモート講座を行いました。そして、今回も引き続きリモート講座を行うことになりました。すべて自前での運営。役員の中に心強いITチームメンバーがいるからこそ開催できたのです。


 ITチームは、事前に、受講者の方たちとのzoom練習会を行い、それぞれのネット環境なども確認しました。そのような影の努力で、グループワークを多く含むテーマにもかかわらず、大変スムーズな運営となりました。

☆今回のカリキュラムは、「アンガーマネジメント」でした。
日 時:2021年2月7日(日) 13:00~16:30
テーマ:「アンガーマネジメント~怒りの感情と上手に付き合う~」
講 師:経田 博子 氏(事務所経田代表・キャリアネットワーク北陸理事)

「アンガーマネジメント」を直訳すると「怒りの管理」。怒りの感情と上手に付き合うための心理教育・心理トレーニングです。1970年代にアメリカで生まれたとされていますが、日本で注目を集めた理由は、働き方改革にともなって、パワハラやセクハラの防止に、社会全体が力を入れ出したことにあるといわれています。だれもが抱く怒りの感情。この感情とどのように付き合い、お互いに良い人間関係を保っていくか、大変関心のあるテーマに、出席者一同パソコン画面に身を乗り出して受講しました。

【概要】は、次のとおりです。

 ・パワハラとアンガー
 ・アンガーマネジメントとは
 ・怒りを理解する

 ・衝動をコントロール
 ・自分のコアビリーフに気づく
 ・叱り方を変えてみる
 ・肯定的感情を増やす

  まずは、ちょっとイラッとしたこと・ムカッとしたことを具体的にあげてみて、ペアでシェア。「怒ること」には、デメリットだけでなく、メリットもあるということに気づきました。「怒り」はもともと防衛反応ではあるが、強すぎる、持続性がある、頻度が高い、攻撃性が大きいなどの傾向が強くなると、「怒り」が問題となってしまうことを学びました。
また、「あるべき」という思いと「現実」とのギャップにも気づきました。

リモートでのグループワークでしたが、経田講師が受講者のチャットをうまく引き出してくださり、大きなジェスチャーで拍手したり、いいねマークを出したりして、リモートならではの機能を楽しんだひとときでもありました。

 後半では、怒るときのNGを学び、叱り方を変えてみること、肯定的感情を増やす方法も学びました。怒りのコントロール法としての「6秒ルール」は聞いたことのある人もいましたが、今回は、理論から始まり、グループワークで自分の特徴に気づきながら、深く学ぶことができました。経田講師に感謝です。

 「振り返りアンケート」の集計は受講者間だけで共有していますが、いくつか紹介したいと思います。
・怒りは人間の持っている自然の感情であることに気づいた。
・「こうあるべき」と「現実」とのギャップが怒りの根底になっていることに気づいた。
・グループワークをして、価値観が実にさまざまであること、みんな違うことを認識できた。
・怒りの感情が長く続いてしまう場合の感情との折り合い、その対処方法をもっと学びたい。

リモートによる講座については、zoomでのグループワークは案外できるものだと実感したという意見だけでなく、zoomは対面より疲れるという意見もありましたが、これからは、対面だけでなく、zoom活用の必要性も大いに感じたリモート講座体験でした。

csc4_zoom集合photo_コピー


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆キャリネットの新しいキャッチフレーズ:

「人は、ひとりでは自分を学べない」

~これからも、共に学び、共に語らい、希望をもって行動していきましょう。~


第4回担当:岡野絹枝


 

「キャリアシフト・コーディネーター養成講座」第3回目 開催報告

土屋講師_コピー_コピー

 今回の講座はコロナ禍・雪の状況にも対応できるようにと初のZoom講座となり、戸惑いながらも皆さん楽しく受講して下さいました。

これで今後どのような状況下でも対応OK!かな? 




  

今回は「コーチング」です。
開催日時:2021年1月24日(日) 13:00~16:00
講 師 :office AVANCE(オフィス アバンセ)代表 
     プロフェッショナルコーチ/チームビルディングコンサルタント
     土屋 佳瑞(つちや かずい)氏
テーマ :コーチング入門~可能性を引き出す関わり方~

内 容 :
1.コーチングとは
思考を刺激しづける創造的なプロセスをつうじて、クライアントが自信の可能性を講師において最大化させるように、コーチとクライアントのパートナー関係を築くこと。⇒理論

2.コーチングが機能するには

コーチングの3原則(双方向・継続性・個別対応)の必要性、他、具体的な説明あり

3.コーチングの基本スキル 
「聴く」「認める」ことの大切さ、「答え」をクライアントが見つけることに意義があることの認識ほか。

 講義とZoomグループワークで、ポイントを理解しやすく進められました。テキスト・パワーポイントも解り易く魅せられる内容でした。
コーチングをご存知の方も初めての方も、それぞれスキルアップされたことと思います。

csc3_zoom_menber_コピー

※講師の土屋さんとパソコン画面受講者のコミュニケーションもよろしく、和気あいあいのムードの中講義も進み、最初は緊張気味だった受講者もペアを組んだワーク、掛け合いでちょっぴり硬化しつつある頭も軟化し、若返ったようで理解もスムーズだったようです。

最後に、土屋講師、受講者、スタッフ全員で、記念撮影をして終了しました。
CSC養成講座②写真

                                            第3回担当:市井啓子

モバイルサイト

NPO法人 キャリアネットワーク北陸スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら