NPO法人 キャリアネットワーク北陸

北陸で働くミドル・シニア世代のネクストステージを応援する「学び」と「人」のネットワーク

タイトル画像_スタッフブログ

HOME ≫ ブログページ ≫

ブログ 希望のつくり方

logo_w240
  日々のコロナ感染拡大ニュースに不安を感じながら、季節は夏。8月となりました。
皆様には、「新しい日常生活」、いかがお過ごしでしょうか。


 キャリアネットワーク北陸は、3月に次の事業を進める準備が整ったところに、コロナ禍で停止してしまいましたが、秋には、オンラインとリアルの両方で活動を再開することができるようになりました。

 私事については、経済的な打撃を受けたため、老後の不安を感じることとなりました。老後の不安をなくするためには、「老後」をなくすこと。「老後」とは、「働く」ことをやめたときに始まる。「働く」とは、人生で積み上げてきた経験やスキルを活かして活動することである。と、ある本に書かれていました。
キャリアネットワーク北陸の使命は、理に適っている、と、改めて感じました。

 とはいえ、このような社会状況の中、「希望」がなかなか見いだせなくなっている現実もあります。
「希望のつくり方」。この言霊
((ことだま))を、今思い返しながら、自分に言い聞かせています。すばらしいメッセージですので、皆様にお伝えします。
「希望学(希望の社会科学)」は、東京大学社会科学研究所の玄田有史教授を中心として研究されてきました。

 希望とは、大切な何かを行動によって実現しようとする気持である。
  Hope is a Wish for Something to Come True by Action.
 
「希望」は、4本柱で成り立っている。
  1. 大切な何か(Something) 2. 行動(Action) 3. 実現(Come True)  4. 気持ち(Wish)


 そして、加齢とともに、選択の可能性が低くなり、希望が持ちにくくなるそうです。
しかし一方で、「希望」はつくることができると、玄田教授は、著書『希望のつくり方』(2010岩波新書)に書いていらっしゃいます。

☆希望のつくり方☆
(1)「希望に物語を持たせる」
  希望というのは、実現しないことの方が多いもの。大切なのは、失望したあとに、辛かった経験を踏まえて次の新しい希望へと柔軟に修正させながら、また次の物語を作っていく。そして、新しい希望に向かって歩みだすこと。

(2)「ゆるやかなネットワークを持つ」
  いつも会うわけではないけれど、ゆるやかな信頼でつながった仲間は、自分とは異質のものを持っている。だから、自分が知らなかったヒントをもたらしてくれる。自分にはできないことをできる人とのゆるやかなつながりがあって、お互いに頼み合える仲間を持つこと。

(3)「大きな壁にぶつかったときは、壁の前でウロウロする」
  とにかく立ち止まらず、壁の前を行ったり来たりする。そうすると、小さな穴が見つかるかもしれないし、ヘリコプターが発見してくれるかもしれない。挫折を味わいながら、ウロウロする行動そのものに希望は宿る。

 
「老後」のない人生を送るために、希望をつくり、また修正し、ネクストステージへ進みましょう。


     2020年8月3日      理事長 岡野絹枝

 
2020年08月03日 17:00

ブログ 2020年が始まりました

logo_w240

 2020年を迎え、早や1か月が過ぎようとしています。睦月から如月へと暦も動きます。
皆様には、新しい年の計画をお立てになっている頃と存じます。
 

 「年」と「歳」、さてどちらがふさわしいか、迷うときがあります。どちらも「年月を重ねる」という意味で、公文書などでは常用漢字の「年」を多く使っているようですが、「歳」は時の流れ、「年」はその間のことを指すという分け方もあるようです。
 
歌手のGACKT(ガクト)さんが、ブログに自分の見解を次のように書いています。
 「歳を取る」より、「歳を重ねる」生きかたを選ぶ。なぜなら、「歳を取る」は、年を増すごとに、自分の人生から責任を一つずつ取り省いていく生きかた。「歳を重ねる」は、年を増すごとに、自分の人生に一つ一つ責任を重ねていく生きかただから。
 
新しい年、歳を重ねるたびに、もうそんな歳!と驚きながら、一方で、この1年間で、これだけはやりたいという想いを新たにすることも。心がゆれ動きます。他のせいにしない人生。責任を重ねるとは、このようなことでしょうか。
 
 去る1月18日、恒例の「イグナイト&広場」に加え、初の「新年会」を行いました。場所は、石川からも富山からも交通の便が良くて、寒い中を歩かなくてもいい所、高岡駅前と同駅地下を選びました。おかげ様で、初参加の方4人を含め、30人が集いました。「イグナイト&広場」では、ビジネスコーチング富山校を主催する中村慎一会員とシニアライフカウンセラー養成講座富山支部を主催する浮田美紀子会員によるゲストスピーチを聴き、ゲストと参加者で、話題ゆたかなフリートーク。そのあとは場所を移して、「新年会」。会場を貸し切りにできたこともあり、アルコール類を飲まない人もかなりいたのに、ほんとうによく盛り上がりました。その際の報告については、記録担当が写真を添えてホームページに掲載しますので、お読みいただければ幸いです。

 次回は、3月度「イグナイト&広場」です。3月14日(土)午後1時半から、富山情報ビルで行います。
皆様のご予定にお組み入れくださいますよう、よろしくお願いいたします。
 
 「キャリアネットワーク北陸」は、設立記念イベントからちょうど6か月が経過しました。活動をシフトさせるため、新しく参与5人に加わっていただき、プロジェクトチームを作りました。プロジェクトを3部門に分け、年明けから、精力的に部会議を行っています。具体的な活動につきましては、もうしばらく時間がかかりますが、アウトラインができましたら、ご案内いたします。会員の皆様のご参画を心からお待ちしています。
 
2020年1月27日
 
NPO法人キャリアネットワーク北陸
理事長   岡野絹枝

 
2020年01月27日 12:00

ブログ 行く年 来る年

logo_w240
 年の瀬いよいよ押し迫ってまいりました。会員の皆様にはお忙しい毎日をお過ごしのことと存じます。
NPO法人キャリアネットワーク北陸は、7月27日に設立記念イベントを開催してから5か月、皆様のご支援の下、集い、学び、交流する場をもつことができました。

 《イグナイト&広場》
   ・ 7/27 「設立記念フォーラム&交流パーティー」
 ・ 8/17 「ネクストステージを模索する」
   ・ 9/21 「新しいステージの発見」
 ・11/16 「自分気づきとネクストステージ」

《キャリネット学苑Ⅰ》
      ・10/5・11/2・12/7 「ネクストステージのコミュニケーション技術」

 ゲストスピーカーと参加者との交流を通し、さまざまな気づきがありました。
私も自分のネクストステージを具体的にイメージするようになりました。これからのネクストステージは、ひとつではありません。今までのキャリアにこだわらない活動、マルチステージへとシフトしていきます。
 
 折りしも、政府は、全世代型社会保障検討会議の中間報告を発表しました。その中には、企業に対し70歳まで就業機会の確保を要請する施策も掲げています。私たちの生きがいと現実とのギャップをどのように縮めていくかが大きな課題であるといえます。

 キャリアネットワーク北陸は、経済団体・企業様のご協力により、企業側ニーズ調査を行い、定年前ワーカー対象のプロジェクトを立ち上げることになりました。会員の皆様には、今後ご参画いただく場が出てくると思います。ご期待ください。
 
 このNPO法人を設立したおかげで、皆様と出会い、語り合う機会をいただきました。行く年に感謝し、来る年もどうぞよろしくお願いいたします。
時節柄くれぐれもご自愛くださり、佳いお年をお迎えくださいますよう。
 

令和元年12月23日

NPO法人キャリアネットワーク北陸
理事長  岡野絹枝

 
2019年12月23日 00:00

ブログ 設立記念イベントから2か月を記念して

logo_w240
 去る7月27日には、114人のご参加をいただき、設立記念イベントを開くことができました。その当日に「会員募集」を開始し、あれから2か月が経ちました。
40代から70代までの方々にご入会いただき、会員数は60人になりました。心から感謝申し上げます。

もっと多くの方々にご入会いただけば、もっとネットワークが拡がります。もちろん、そのためには、会員の皆様のご期待に添う活動をせねばなりません。今までに、プレイベント(4/13)を含め、4回の集いをし、10月と11月には、「学苑」と「イグナイト&広場」を行います。おかげ様で、毎回楽しく有意義な会となっています。
学びと交流の機会をさらに充実させるよう努力しますので、ご友人お知り合いにも、「キャリアネットワーク北陸」の拡散よろしくお願いします。
~感謝メッセージがPRになってしまい恐縮です。~


さて、9月度の「イグナイト&広場」は、敬老の日から数日後でしたので、次のような情報をお伝えしました。少しまとめて、ブログ掲載します。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆総人口の約3割が65歳以上!☆

敬老の日に、65歳以上の人口が新聞紙上をにぎわせました。
新聞の見出しは、
「65歳以上最多3588万人 ~総人口の28.4% 高齢化世界で突出~」
2位のイタリア(23.0%)、3位のポルトガル(22.4%)をかなり上回っています。
 
北陸を見ると、次のようなデータが各県庁のHPに載っていますが、この数字は2018年10月時点の統計ですから、今年はもっと増えています。
富山県:31.6%(33万3千人)
石川県:29.2%(32万9千人)
 
就業状況については、全国版ですが、
男性:33.2%(512万人)
女性:17.4%(350万人)
*業種は、卸売り・小売りが最多、次は農業・林業とのことです。
*そして、4人に3人が非正規雇用です。
非正規雇用を選んだ理由は、「都合のよい時間に働きたい」が男女とも首位。
次は「家計の補助を得たい」とのことです。「自分の生きがいのため」や「社会に役立つため」は、出てこなかったようです。
 
このような現状を知りながら、自分は、これからどうしたいのか、ちょっと立ち止まって考える「場の存在」は大切ですね。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆北日本新聞「天地人」より☆
 
 敬老の日の北日本新聞「天地人」には、次のようなメッセージが掲載されました。

 
   
 最近のことを振り返ったときは、「行ったこと」を悔やみがちだが、
 人生全体の場合は、逆に、「行わなかったこと」を後悔する傾向がある。
 (神戸大学大学院増本康平氏著書『老いと記憶』より)
 
「時の流れ」は残酷である。若い頃は、いつでもできると思ったり、失敗や 
 後悔などを恐れて逡巡(しゅんじゅん)し、時を逃してしまうことがある。
 だが、そうこうしているうちに、年を重ねている場合が多いのではないか。

 
 
「行わなかったこと」に後悔しないよう、ネクストステージを想い描き、行動してみませんか。
またPRのようになりました。
 
岡野絹枝
 

 
2019年09月26日 15:00

ブログ「キャリネットワーク北陸」設立に込めた想い

logo_w240
 初めてのブログは当NPO理事長が、7/27設立記念イベント当日に行ったプレゼンテーションから「NPO法人キャリネットワーク北陸」設立に込めた想いをお届けいたします。
 
 皆様、ようこそお越しくださいまして、ありがとうございます。私はNPO法人キャリアネットワーク北陸の代表を務めます岡野絹枝と申します。昨年3月から同じ志を抱く仲間10人で1年以上にわたり協議を重ね、令和元年5月7日にNPO法人を設立しました。
そして、設立記念イベントを開催する日を迎えることができました。中尾哲雄顧問を筆頭に、多くの経済界を代表する方々、行政、高等教育機関の皆様のご支援をいただくことができました。それと並び、会員になってくださるであろう想いを同じくする多くの方々にお集まりいただきましたことに感激しています。
当NPOの代表として、10枚のスライドを使い、「想い」を語らせていただきます。
                                                               

1.「人生100年時代のキャリアレインボー」
 3年前に「ライフシフト」という本がベストセラーになってから、「人生100年時代」という言葉が盛んに使われるようになりました。それは、人の目を引くだけでなく、確かに100歳まで生きる時代になろうとしているからです。キャリア学という学問があります。その大御所ドナルド・スーパー博士の「キャリアレインボー理論」は、実は80歳までのアーチ型でしたが、最近は、100歳までに伸びているレインボーをあちこちで見かけます。
「キャリア」とは、「人生のわだち」という意味です。人生キャリアは、虹のように幾つもの役割を持ったアーチ型をしています。人は、生まれてから20年以上もの長い間、ずっと人の世話になって成長します。そして、人生の最後はまた人様の世話になって生命を終えます。ならば、人の世話ができる間は、どこかで人様の役に立つ。これがキャリアレインボー理論だと、私は考えます。ちなみに、当NPOのロゴマークは、このアーチ型からデザインしました。
             レインボー図
 

2.「想い」を「かたち」に
 発起人として、私個人のことを少しお話しせねばなりません。私は、30歳の頃に教育界に入り、以来40年間学生の教育や社員教育に携わってきました。かたわら、女性活躍推進にも関わってきました。そのようなキャリアを通し、私は二つの大きな課題を持ち続けています。 一つは、若者たちです。先の見えない時代といわれ、ますます「不安」を募らせています。70歳を超えても働かねばならない時代になるといわれても、人生の先輩たちがそのモデルを示してくれません。だから不安のために、自分にあった職業を求め、早期離職が生じます。ネクストステージを思い描くことができないのです。もう一つの課題は、女性活躍の歩みが遅いことです。この二つの課題を考え抜いた末に、ミドル・シニア世代が、それぞれのネクストステージに夢や希望を抱き、働き続け、若い世代にロールモデル(手本となる人物)を見せることを支援する事業提案に至りました。そんな想いをかたちに、「キャリアネットワーク北陸」が誕生しました。                                                  
 


3.人生の「ネクストステージ」
☆定年後のシニア世代は、「今さら」を「今から」へ
☆定年前のミドル世代は、「これからどうしよう」を「これからはじめよう」へ
これらをキーワードに、「働ける間は働こう・活動しよう」、「社会の役に立とう」を提案します。                                                    
 

4.「かたち」を「仕組み」に
 私たちは、「かたち」を「仕組み」にするために協議を重ね、4つの事業で、集う場や学ぶ場、ネットワークを提供することを考えました。                      
 


5.コラボレーションのイメージ図
 4つの仕組みは考えたものの、当NPO法人だけでは、社会貢献するにはあまりに小さく、ひ弱です。そこで、経済団体、行政の就職支援組織、学び直しのための資格取得団体などの代表の立場の方々にお会いし、コラボーレーションに対する理解を得ました。これがイメージ図です。                                            
            事業関連図 








 

6.4つの事業内容
 事業内容は、次の4つです。
(1)「北陸イグナイト」:   *イグナイト(ignite):点火する
・「今さら」を「今から」へ。魂に灯(ひ)をともす仕掛けを提供します。
(2)「キャリネット広場」:
・自分の経験やスキルの棚卸しの場、ネットワークを拡げる場を提供します。
(3)「キャリネット学苑」:
・自分のネクストステージに必要なことを学ぶ場を提供します。
(4)「キャリネット研究所」:
・市場調査や研究開発、講師養成などを行い、3つの事業を支えます。

キャリネットチャート

         
               

7.NPO活動の存続・発展のために
 10枚目のスライドになりました。代表者として、どうしてもお願いしなければならないことがあります。それは運営資金のことです。私たち役員10名は基本的に無報酬ですが、組織を運営していくには経費がかかります。それを支えるのが、「年会費」や「参加費」、「寄付金」「助成金」などです。
 「長者の万灯」も、私たちのような「貧者の一灯」も、全てかけがえのない「灯」です。それらが集まり活動エネルギーとなります。「キャリアネットワーク北陸」がその役割を担えますよう、ご支援のほど切にお願い申し上げ、私のプレゼンテーションを終わります。

 
2019年08月06日 08:00

モバイルサイト

NPO法人 キャリアネットワーク北陸スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら